お知らせ

Information

保護者登校指導

4月23日(月)~27日(金)の5日間にわたり、保護者の方による登校指導が実施されました。

期間中は、雨の日、風の強い日もありましたが、5日間で37名の保護者に参加していただき、朝のあいさつ・駐輪指導を行いました。

本校では、自転車通学が大半を占めており、自転車の事故もしばしば発生しています。本年度は須賀川警察署より、自転車安全利用モデル校に指定されています。生徒が自転車利用上のルールやマナーを正しく守り、安全に登校できるよう、保護者と力を合わせて見守っていきたいと思います。

 

新入生歓迎会が行われました。

昨日、晴れて入学した新入生の歓迎会が行われました。

対面式では、生徒会長の歓迎の言葉に続いて、新入生を代表して情報処理科の矢部咲里菜さんが「資格・検定取得や部活動に全力で取り組んでいきます。」と、決意を表すあいさつがありました。

その後行われた部活動紹介では、各部によって制作された動画やスライド、実演などによって、工夫をこらした紹介があり、どの部も新入生の入学を祝い、歓迎していました。

1年生は木曜日まで様々な部活動を見学し、13日(金)には、原則全員がいずれかの部活動に登録することとなっています。

平成30年度入学式が行われました。

 第31回入学式が、本日14時より挙行されました。

 担任の呼名の後、元気よく返事をした新入生269名は校長より入学を許可されました。

 式辞の中で校長は「目標を持ち、自分を磨き続けること。世界でどう生きるか、意識すること。進路は、高い目標を持って自分で決断することを臨みます。」と語りかけました。また、新入生を代表して情報電子科の鳥井飛翔さんが、新たに始まる高校生活に臨む決意を、誓いの言葉として述べました。また、校舎前の階段には生徒会役員による階段アートが展示され、入学式に花を添えていました。

平成30年度着任式・第1学期始業式が行われました。

 今年度の人事異動により、12名の新任・転任者が着任しました。着任者が校長に一人ずつ紹介されると、生徒・職員一同は温かい拍手で歓迎の意を表していました。

 引き続き行われた第1学期始業式では、校長より「We can take a horse to the water,but you can’t make him drink.」ということわざを用いて、自ら意欲的に取り組む重要性についての話がありました。その後、生徒指導部長から、落ち着いた生活についての話もあり、生徒達は気持ちを新たにして新年度を迎えていました。

心肺蘇生法・AED講習会が行われました。

 新年度がスタートし、新任者を迎えての昨日4月3日、須賀川地方広域消防組合署員のみなさまにご来校いただき、心肺蘇生法・AED講習をしていただきました。

 要救助者に対しての対応のしかたや正しい胸骨圧迫とAED使用の方法、また、アナフィラキシーショック症状に対するエピペンの使用方法などについて、全職員が実習等を通して具体的に指導していただきました。

 参加者は、緊急事態に備えて勇気を持って実践するため、これらの知識や技能を確実に身につけようと真剣に取り組んでいました。

第28回卒業証書授与式が開催されました

3月1日、第28回卒業証書授与式が挙行され、274名の卒業生が学舎を巣立ちました。

各学科の代表者に卒業証書が授与されると、学校長が「様々な文化や価値観が混在するグローバル社会を歩むために、高い倫理観や他者を尊重するコミュニケーション能力が試される。今まで以上に自分と向き合って頑張って欲しい。」と、式辞を述べました。

また、卒業生代表で答辞を述べた久能歩さんは、3年間の高校生活を振り返りながら、先生方や、保護者、在校生へ感謝の気持ちを語っていました。

式の後に各教室で担任から一人一人に卒業証書が手渡されると、感極まって涙ぐむ生徒もおり、3年間をともにした先生やクラスメイトとの別れを惜しんでいました。


情報処理科 地域産業連携事業

本日は、情報処理科2学年80名に対して、地域産業連携事業講習会を開催しました。
大正大学 地域創生学部 北條 規先生による「地域経済の活性化について」講義と演習を行いました。須賀川市・郡山市の自慢できるモノ・コトをあげてどのように活用するかグループワークで考え、発表しました。大変有意義な時間でありました。

情報処理科 地域産業連携事業講習会

情報処理科 第1学年の生徒に向けて、「AI時代のWebビジネスの可能性」という演題で、会津大学短期大学部 産業ビジネス学科 准教授 中澤 真先生の講演会が開かれました。1年生はこのような講演会は初めてでしたが、真剣に聞いていました。またWeb上でAIを疑似体験したり、RESAS(地域経済分析システム)の体験もしました。
今後の学習への興味が高まったことでしょう。